住宅模型

夢の一戸建てを建てるには|右手で簡単に探せる

家を買うときのポイント

家の模型

ランニングコストを考える

京阪沿線周辺に家を買いたいと思う時に目先の金額だけに注目してしまいがちです。しかし、実はその先の生活にかかるコストを計算することが重要です。ここでは、新たに京阪沿線周辺で戸建てを建てよう、京阪沿線周辺に戸建てを購入しようとする時にどのような点に気を付ければいいのかについて紹介します。たとえば、場所は京阪沿線周辺でと決めたとします。不動産会社で購入する物件を選ぶときに、長い目で見て家を購入する資金を決めるというのが大切です。といいますのも、当たり前ですが家は建てるだけにお金が必要なのではありません。生活していくうえで消費する電気、ガス、水道などの光熱費や、建物の維持管理に必要な修繕費が発生してきます。これらをランニングコストと言いますが、このランニングコストを軽減するためのプランを購入時に考えていた方がいいのです。たとえ、戸建ての購入費が安くても、10年20年と住み続けるうちに、戸建て家のローンだけでなく冷暖房費用などがかさんでしまうと、ランニングコストが家計の負担になってしまいます。あらかじめ購入時に床暖房や、断熱設備を考えておけば、後々ランニングコストの軽減に繋がります。また、風通しの窓の場所ひとつで、夏の熱気を自然に外に流れる間取りになり、冷房代にも左右されてきます。年間を通して、電気代を節約できる間取りや工夫がされているかということは、戸建てを購入する時や、建てる時に検討しておくことがポイントです。