住宅模型

夢の一戸建てを建てるには|右手で簡単に探せる

家造りに役立つ地震対策

模型と人形

基本は頑丈な地盤に建てる

日本は地殻構造的に世界でも地震の多い国です。そのため多くのハウスメーカーや工務店で地震に強い家造りを研究し、実現しています。家を建てる場合、真っ先に考えるのが家族の安全です。そのためには少しでも地震に強い家を建てる必要があります。地震に強い家を建てる時の基本は丈夫な土地を選んで建てるということです。海沿いや川沿いの土地、田んぼや沼などの埋立地は地盤が元々弱いので、家を建てる前に地盤改良をします。土地を購入する前に役所の建築課へ行って、土地の履歴を調べることが大切になります。昔からの住宅地なら地盤は安定していますが、新しく宅地開発された場所で盛り土されている土地は、建てる前に地質調査をするべきです。特に造成してから10年経過していない宅地は調査の必要があります。地盤の次に大切なのは家の工法の選び方です。ほとんどのハウスメーカーや工務店では地震対策が万全であると宣伝していますが、これまでの大地震で倒壊しなかった建築工法を選ぶようにします。近年になっても大きな地震が連続して起こっていますが、地震に強い家というのはシンプルな構造をしています。シンプルな家というのは構造が四角形で屋根が切り妻になっています。このような家は地震の揺れに強い特徴があります。また大空間のリビングが欲しい場合は、柱がなくても建てられる工場生産のユニット建築が適しています。工場で鉄骨によって四角い躯体を生産し、現地でそれを組み立てる工法なので地震に強い家造りができます。